豚の生姜焼き

西宮市上ヶ原七番町のバス通りに「文福」という定食屋があった。

下宿生御用達の食堂。

 

店は汚いが「安くてうまい」ということで、結構、人が入っていた。

...店は褒められたものではなかった。

カウンター越しに見える薄暗い厨房。

老夫婦が、機敏とは言えない所作で、注文をこなしている。

目を凝らしていると、ササササと動く影が、一つ二つ。

店内を照らす電燈の笠の上には、巨大な埃の塊。

これはまずいよね。

 

30年も前の話だから笑い話で済むけど。

今、現在、そんなことやっていたら、客は寄り付かないだろう。

特に、若い子たちなんかは。

 

でもね、でも、なんだけど、ここの「生姜焼き定食」がうまかった。

筋が入った豚肉で、甘辛くて。

あれ、安い豚肉を1~2日マリネして、焼いていたんだろうな。

縁に油が固まり、こびりついたフライパンで。

あな、おそろしや。

 

...そんなことを考えながら、僕は、豚の肩ロースを焼いている。

酒、みりん、塩、しょうゆ、生姜の絞り汁、ごま油でマリネした肩ロースを。

 

焼けたら、一旦、皿に取り。

余分な油を捨てて、酒、みりん、しょうゆを注ぎ、焦がしに入る。

いい感じになってきたら、水大さじ2と、豚肉を肉汁とともに戻し入れ、絡めて。

f:id:cookingenglish0508:20141016171924j:plain

ああ、いい香り。

今日はどんぶり飯でいこうか。

「文福」を思い出しながら。

 

広告を非表示にする