読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院

群馬の病院で起こったことが報道されていたけれど。

 

5年ほど前だったかなぁ。

救急車でERに運び込まれたことがあった。

 

「胃の洗浄をしますね」と言われて。

薄れる意識の中で頷いた。

口の中に入る管。

スルスルと食道を降りて.........行かないじゃん。

何やってるんだよぉ。

 

「違う、そうやって入れるんじゃない」

と、別の誰かが言っている。

えっ、何が起こってるの?

 

「何やてるんだよ、だめだなぁ、ははは」

「ははは」

聞こえてくるのは複数の人間の笑い声。

 

しんどいなぁ、と思いながらも、細く目を開けてみる。

若い医者、彼を指導していると思しき中年の医者、看護師数人。

おいおい、こちらはこんなに苦しんでるのに、笑ってるの?

辛そうにしている患者を前にして笑えるんだ、医療従事者なのに。

 

「笑い事じゃないでしょ!!」と一喝した、力を振り絞って。

もう、怒っちゃったね。

(それで、余計、しんどくなった。)

そしたら、医者・看護師は、俄かに神妙な面持ちになった。

 

若い医者は研修医だったのか?

そして私は、彼の実験台になった...。

 

...その後、入院し、数日後、胃カメラを飲む。

「いいかい?ここはきちんと観察して...」

「先生、少し戻ってもらえますか?」

カメラがクイッと引き上げられる。

 

カメラを飲ませてる先生と、若い医者。

若い方は、修行中か。

おいおい、ここでも実験台かい...。

こちらは異物(カメラ)を飲み込んで苦しい思いをしてるのに。

端からあれこれするつもりでいるのなら、いっそのこと、麻酔でも打ってくれればいいのに。

 

...「何かあっても、病院があれば大丈夫」は幻想にすぎないと思い知らされた。

下手な医者に遭遇し、劣悪な環境に置かれた患者は、言葉は悪いが、命を奪われてもおかしくない。

 

この経験で、医者嫌いに拍車がかかった。

風邪や水虫で薬を処方してもらうのとはわけが違う。

入院したり、腹を切られたりすることのないよう、きちんとした生活をしようと固く誓った。

 

たまにジャンクフードを食べても、大方は良質なものを摂取しよう。

体は動かそう。

太陽の光を浴びよう。

 

医者と病院とは縁遠い人生でありたい。

広告を非表示にする