読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おこわ

白米、玄米、パン、パスタ、ラーメン、うどん、冷麦、素麺...。

何巡かして、どれも食べ飽きたころ、おこわの登場となる。

 

モチッとして、しっかり噛めば、どんどん甘くなる。

少量でも腹にたまるし、こんなにいいものはない。

 

小豆を入れて、赤飯にしてもいいし。

栗を入れて、栗おこわにしてもいいし。

でも、まぁ、今日は、お気に入りの「鶏とごぼうのおこわ」

で。

 

もち米は、最低でも6時間は浸潤。

水を切って、しばらく放置。

蒸し器に蒸し布を敷いて、湯気が上がっているところにもち米を入れる。

3カップで、まぁ、30分は蒸したいところ。

 

その間に、鶏とごぼうで、具を作る。

小さく切った鶏もも肉を炒め、厚めのささがきごぼうを入れて、さらに炒め。

砂糖入れて少し焦がして、醤油を入れて、こちらも少し焦がして。

酒、みりんを入れ、アルコールを飛ばし、煮詰まったところで少量の水。

 

蒸しあがったもち米をすし桶に入れて、鶏とごぼうを加えて、さっと絡める。

あら、簡単。

f:id:cookingenglish0508:20140817084447j:plain

鶏とごぼうを強めに味付けしても、おこわと絡むことで、丁度よくなる。

 

余ったもも肉は、ソテーして。

f:id:cookingenglish0508:20140903165947j:plain

こちらは、皮パリで、いいよね。

 

今日は、鶏三昧。

広告を非表示にする