腐乳の煮鳥

この発酵食品、いろんな使い方があると思うけど。

f:id:cookingenglish0508:20140823104302j:plain

白いの、青いの、赤いの、いろいろあるけれど、僕は、この白いのがお気に入り。

 

発酵食品だから、相応の「臭い」がある。

また、塩気がきつい。

このふたつをクリアできれば、結構、やみつきに。

 

...フライパンに油を熱して、鶏もも肉を皮目から滑り込ませる。

塩分は不要。

7~8割、熱が入ったら裏返して、しばらく放置。

鶏肉に、完全に熱が入る前に、酒と腐乳を入れる。

後は、煮絡めていくだけ。

 

煮詰まり具合を見ながら、適宜、水を差す。

腐乳ソースが鶏に絡んだ時点で、いい具合に鶏肉に熱が入れば、最高。

ソースにトロミがついても、鶏肉が半生状態だったりすると、困ってしまう。

f:id:cookingenglish0508:20140823111410j:plain

 

手羽のバージョンもおすすめ。

f:id:cookingenglish0508:20140820152020j:plain

こちらは、裏側で骨伝いに切り込みを入れておくと、血の滲みがない仕上がりに。

 

エスニック系の風味づけをすることも可能かな?

いずれにしても、「臭い」と塩気には、ご注意を...。

広告を非表示にする