読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深川めし

2日に亘る受講を終えて、東京駅へ。

午後6時。

おいしそうな弁当、何かあるかな?

 

東京駅地下の弁当売場から大丸の惣菜・弁当売場へ。

う~ん、見た目はどれも素敵なんだけれど。

食指が動かない。

 

30分ぐらいフラフラしたかな。

ものすごすぎる人ごみ。

途中、小学生ぐらいの女の子が、すれ違いざまに

「みんな、おうちでご飯作らないの?」

と、言った。

誰に言ったのか、なぜそんなことを言ったのか、僕には分からないけれど、なんとなく笑えた。

和洋中よりどりみどりで、これだけ量も種類もあれば、家で料理する必要もないか。

まぁ、懐が暖かければの話だけれど。

 

...結局、新幹線の改札近くの売店で、「深川めし」と「崎陽軒の焼売」を購入。

大船の「鯵の押し寿司」でもよかったのだけれど、見当たらなかったから...。

f:id:cookingenglish0508:20140806181810j:plain

弁当の「古典」みたいなものに走ってしまうのは、僕が中年だからなのかな?

値が張らないっていうのも魅力なんだけど。

 

後は、缶入りハイボールと柿の種。

およそ90分の車中、ボ~っとしたい。

 

それにしても、この深川めし、なんで薄揚げを混ぜ込んでるの?

薄揚げ、嫌いじゃないけど、炊き込むのはあさりだけにして...。

広告を非表示にする