読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bratwurst

フランクフルト・アム・マインの語学校に通っていた頃。

授業は14:00で終わり。

語学力向上を考えるなら、ステイ先に戻るか、学校に残って予習・復習をするべきなのだが...。

心ウキウキで旧市街に出かけて。

「今日は、何を食べよう?」なんて考えながら、街をぶらつく。

 

小さな広場に面して、1軒の肉屋があった。

肉屋は、その店先で、いろんな種類のソーセージを焼いていた。

白・黒・茶色・縞...。

そこには小太りのおばさんがいて、適当なペースでやって来る客のためにせっせと働いていた。

 

おばさんの後ろでは、ショーケースに入ったビールが冷えていて。

ポテトチップスなんかも置いてあって。

この店、とてもお気に入りだった。

 

値段を訊くこともせず、焼きあがっているだろうソーセージを指さして。

おばさんはそのソーセージを、切り込みの入ったパンの上にポンッと載せて。

"Mit Ketchup? Mit Senf?" と私に尋ねる。

"Beide." と答えて、両方をかけてもらう。

ドイツ式ホットドッグの完成。

一緒に買ったビールと一緒に、店先のベンチに座って食べる。

 

よく通ったよね。

それより、よく、飽きなかったよね。

よっぽどソーセージが旨かったんだろう。

f:id:cookingenglish0508:20140604084422j:plain

こんなおいしそうなソーセージが近所のスーパーで買える時代。

時は流れているんだな。

そして、長生きはするものだ。

 

広告を非表示にする