ロランは、大きな音が嫌いだ。

雷、花火...。

 

「ゴロン」「ドドン」と音がする。

家の中に飛び込み、踵を返す。

目を丸くして、耳を後ろ向きにして、外を窺う。

 

弱虫というより、神経質。

図体は大きいのに、繊細。

まぁ、扱いが難しい。

 

驚きと興奮から覚めると、クタッとするらしい。

椅子の上に飛び乗り、毛づくろいして。

気分を落ち着け、眠りに落ちる。

f:id:cookingenglish0508:20140505200235j:plain

花火の音も、雷の音も、家を揺るがすぐらいになると、確かに不快。

ネコでなくたって、嫌なもの。

でも、いい歳してさ、ロランよ、あの驚き方はないんじゃない?

 

普段、クールに振る舞っている動物の狼狽する姿。

「何を慌てているのさ」と声を掛けてしまう。

「大したことはないよ」となだめてしまう。

広告を非表示にする