ソーセージの茹で汁

フライパンで炒めたソーセージも、火で炙ったソーセージも好きだけど。

フツフツと鍋肌に泡が立つ湯の中で、茹でたソーセージもいい。

皮がパリッとして、噛み切るとプチッと音がして、熱い肉汁が噴き出してくる。

熱っ!

 

茹で汁にはいい香りが残る。

脂も少し浮いて。

そして、いつも思う。

「もったいないなぁ、この茹で汁」

 

ソーセージを少し多めに茹でて。

何本かは、マスタード、練り辛子で堪能する。

そして、残りは、ポトフ用にとっておく。

 

冷ました茹で汁に、ジャガイモ、ニンジン、ニンニク、ローリエ、タイム、塩、などを入れ、コトコトと。

タマネギ、貝類を加えてもいいな。

仕上がりに、取り置きしたソーセージを入れて、味を決める。

f:id:cookingenglish0508:20140424115612j:plain

何の技もない料理だけれど、とても満足させてくれる。

一皿で、一回分の料理が完結するなんて、なんて合理的。

 

塩味の効いたバゲット数枚とワインがあれば、気分はヨーロッパ。

いいじゃない。

 

広告を非表示にする