「巷に雨の降る如く

我が心にも涙降る。

斯くも心に滲みいる

この悲しみは何やらん」

 

この雨は、いつ降っているのだろう。

季節は?

冷たいのだろうか?

 

雨の降る日は退屈だと詠われることが多い。

でも、考えようによっては、こんなに落ち着く日もない。

周囲に賑いのない分、自分の世界を作りやすくなる。

 

雨音を聞きながら、ボンヤリとしてみる。

自分と、自分の孤独と向き合ってみる。

忘れたい過去も、見えない未来も、優しい目で見つめてみる。

 

Il pleure dans mon coeur
Comme il pleut sur la ville ;
Quelle est cette langueur
Qui pénètre mon coeur ?

 

広告を非表示にする