煙草

煙草を吸おうと、東京駅の喫煙ブースに入った。

 

煙草に火を点け、一息つくと、カップルが扉を開けて入ってきた。

狭いブースで、彼らは僕の真後ろに。

 

やおら、男性が話し始めた。

この距離だもの。

聞くともなしに、聞いてしまう。

 

「最近、ホタル族が激減してるんだって」

「えっ、部屋の中で吸えるようになったの?」

「もちろん、ダメ」

「じゃ、どこで吸うっていうの?」

「人のいないところ。建物の外。

暖かい時期は、ほとんどの人がベランダの戸を開けているでしょ。

自分の部屋に煙が入らなくても、他人の部屋に煙が入っちゃう。

だから、ホタルよろしく、ベランダで煙草を吸えないらしい」

「大変ね」

「あと、洗濯物に臭いがつくとかなんとか」

「スモーカーは、消えゆく人種かぁ」

「そうなんだろうね」

 

はぁ。

ため息交じりの、3本の煙。

いや、ひょっとすると、十数本かもしれないな。

狭いブースだから。

みんな、押し合い圧し合いで...。

 

 

広告を非表示にする