way to go

と言われれば、それは嬉しい。

 

a long way to go

と言われれば、まだ先は長い。

 

「その先にあるもの」を求めて、人は黙々と歩いていく。

広告を非表示にする