チューリップ2

写真を撮っておいたのだけれど、撮ったことを忘れていて。

今更だけれど、2週間前。

f:id:cookingenglish0508:20170429155543j:plain

ゴールデンウィークの後半で、花びらはみな散って。

およそ一か月、楽しませてくれました。

 

次は夏の花、ということで、チューリップの隣にカンナの球根を植えてみた。

どうなることやら。

 

カンナというと、さだまさし

「カンナがもうすぐ咲くから、それまで君が髪を、

切らなければいいね、できたら、本当にいいね」

 

高校1年の春。

後ろの席の牛山君が、さだまさし大好きで。

 

「聴きなよ、さだまさし、良いよ」と、LPを一枚貸してくれた。

(いや、「押し付けられた」というべきか。)

 

曲のタイトルも、そもそも、そのLPがグレープの時代のものなのか、ソロになってからのものなのかも思い出せない。

 

でも、このワンフレーズだけが、妙に頭に残って。

あれから、40年近く経つというのに。

広告を非表示にする