読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パプリカ

今年の冬は、なんというか、ダラダラモード。

いつまでも寒く、いつまでも雪が降ってくる。

夏の暑さが恋しくなる。

 

テレビのドラマも、10ー12月期に比べ、1-3月期はイマイチ。

録画した番組を、湯あがりにボケーッと観るのが好きなんだけど。

再生できるものがHDにない!

 

そんなことをぼやきながら、長い冬を過ごしてる。

ただ、食べることに関してはぼやいてはいられない。

日々の活力を得なければ。

 

冷蔵庫を覗いてみると、チルドに豚肉の切り落とし。

野菜庫にパプリカ。

肉詰め、いっちゃうか。

 

豚肉を切り刻んで、叩いて、塩・コショーして、つないで。

ボウルに移して、溶き卵をなじませて。

たまねぎとセロリのみじん切りを加えて。

 

一混ぜしたら、パン粉と牛乳。

緩めに仕上げて、ラップして。

冷蔵庫で一休み。

 

パプリカのなりつきと底の部分を切り落として。

(底の部分は、みじん切りにして肉だねに加える。)

種と綿を抜いたら、水気を拭って、粉をはたいて。

休ませておいた肉だねを詰め込む。

 

深めの鍋にバターを熱し、パプリカを入れる。

水を時折差しながら、蒸し焼き。

パブリカの皮がトロ・チュルになるまで加熱する。

 

別の鍋にトマトベースのソースを仕上げる。

熱の入ったパプリカを入れて、ソースを絡め。

おいしそうになったら、出来上がり。

f:id:cookingenglish0508:20161222121118j:plain

ご飯のおかずにもなるし、白ワインのお伴にも。

適度な酸味が、刺激的。

辛めのソースにしてもおいしいだろうな。

 

 

広告を非表示にする