読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不可解な出来事

ある契約を解きたくて、契約先に電話した。

担当の女性と一通り話をして電話を切るときに、相手の名前を確認した。

追加で用件が発生したときに、スムーズに事が運ぶようにと。

 

「すみません、もう一度、お名前を伺えますか?」

「山本です」

「山本さんですか。そちらの部署には山本さんはお一人ですか?」

「実は、何人かおりまして...」

「では、下のお名前をお伺いできますか?」

「それはお伝えしかねます」

 

えっ?なに?もう、なぜの嵐。

 

「ええっ!じゃぁ、こちらから再び連絡を取りたいときは、どうしたらいいの?」

「そうですね、『12月7日の山本』と言っていただけたら...」

 

まぁ、それでいいというのなら。

こちらから連絡して多少待たされても、なんとかなりそうだし。

 

それにしても、不可解。

同じ部署に複数の山本が存在するなら、相手に下の名前を伝える必要があると思うんだけど。

「どちらの山本でしょうか?」と聞き返されるのは、結構、ストレスになる。

 

『12月7日の山本』か。

なんか変な感じ。

広告を非表示にする