読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老眼鏡

手元の小さい文字が読みづらいな、と思うようになったのは1年ほど前から。

文字がぼけて見えたり、かすんで見えたり。

ああ、大人の階段の先は、加齢の階段か。

 

思い切って、眼科に行ってみた。

「老眼ですね。年齢的なものです」

もう、そんな歳になっていたのか。

 

しかし、今年のこの時期に老眼と診断されるとは。

いつかは目も弱るだろうとは思っていたけれど。

まさか、今、その現実を突き付けられようとはねぇ。

 

老眼鏡のサンプルをかけてみた。

たしかに文字がサクサクと読める、作業効率がとてもいい。

もう、作るしかないな。

 

なんでも、僕に適したものはプラスの老眼鏡ではないとのこと。

つまり、100円ショップでお手軽には買えない(落胆)。

マイナスのものをあつらえなければならない(手間だな)。

 

遠近両用のサンプルを試してみたけど、どうも使いづらい。

「縁の上の方で遠くを見て、縁の下の方で近くを見るんです」(面倒だな)。

これは僕向きじゃない。

 

処方箋をもらって、国道沿いの眼鏡店へ。

1本6,000円ほど。

孤独な作業の最中に使うものだから、フレームの格好はこの際どうでもよい。

f:id:cookingenglish0508:20161021095502j:plain

この眼鏡をかけると手元はクリアだけど、30cm離れたものはぼけて見える。

30cmを超えて見るときは、近視用の眼鏡にかけかえて。

いやはや、学校で講義を受けるときは大変だ。

 

広告を非表示にする