オムライス

お手軽にできてしまうので、ついついテーブルの上に。

 

昔のオムライスは、ペラペラの卵焼きに巻いて、ケチャップをかけて。

ステンレスの長細のプレートに載せて、パセリを添えて。

国旗が貼りつけられた楊枝が突き刺されていて。

 

もちろん大人を意識したオムライスもあった。

ドミグラスソースをトロリと掛けて。

 

何かが隠されていて、その隠れているものを見つけ出すことに魅力を感じる。

それはちょっとしたドキドキ。

卵のカバーの向こうの、パラパラとしたケチャップライスに辿り着くために、スプーンを入れる。

 

f:id:cookingenglish0508:20160819115819j:plain

 

さて、昭和から存在する「食堂」の入り口に、埃をかぶり日焼けしたオムライスのサンプルを見かける。

その周囲には、これまた埃をかぶり日焼けしたラーメンとカツドンのサンプル。

値段だけは訂正されている、手書きで。

なんとも物悲しい。

 

 

 

広告を非表示にする