カレーソース

カレーのソースを作るのは、楽しい。

何を使ってフォンを作るか、スパイス&ハーブはどれを使うか、調味料は何を選ぶか。

ホーローの鍋を前にして、暫し目を閉じてみる。

 

ソース4人前をイメージして、と。

 

大玉タマネギを2個、粗く切って鍋の中へ。

バターを20グラムほど、そしてサラダオイルを少々加えて。

蓋をしたら、火は弱めの中火。

タマネギを蒸し煮して、とろけさせて。

頃合いをみて蓋を取り、ひたすら炒める。

飴色の塊になるまで。

 

粗みじんのセロリを加えて炒め、しんなりとさせて。

にんじんを加えて、少し炒めて。

ここでカレー粉。

大さじ3は入れたいよね。

僕はS&Bの赤缶。

香りがグッと迫ってきたら、強力粉を大さじ山盛り2杯。

油分が足りなければ加えて。

しっかりと炒めて。

 

調味料は、ウスターソース、醤油、コンソメ。

ウスター2、醤油1の割合。

コンソメはそこそこ。

しっかりと練れば、ルーの出来上がり。

 

鶏ガラスープを少しずつ加えて、延ばして。

スプーンの裏にうっすらと液が残る程度の濃度にしたら、後は弱火でクツクツ。

とろみがつき始めたら、ガラムマサラ

そして、今日の気分で、シナモンをパラッ。

白コショーとナツメグもいいなぁ。

チリペッパーとパプリカ、ガーリックもいっちゃうか。

 

好みの濃度の2歩ほど手前でしょうが汁。

熱を入れながら一混ぜ。

火から下ろして冷ます。

冷めたら蓋をして冷蔵庫の中に。

1日は休ませたいなぁ。

 

「ええ?今日は食べられないの?」

そうなんです、今日は食べられないのです。

[寝かせたカレー」は旨い。

寝かせたシチューも旨い。

 

ソーセージを載せたり、カツを載せたり、ハンバーグを載せたり。

ああ、夢は膨らむなぁ。

でも、今回はプレーンで。

何もないは寂しいから、目玉焼きぐらい載せてやるか。

f:id:cookingenglish0508:20160817122051j:plain

 

炒めたひき肉を加えて、ボロニェーゼ風に。

(ただ、今回はひき肉なし。)

f:id:cookingenglish0508:20160817125004j:plain

チーズをたっぷり振りかけて食べてみる。

ああ、おいしい。

ひたすらおいしい。

 

広告を非表示にする