読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牛丼

何を食べようか?

チルドを覗いてみる。

ああ、牛の切り落としを買っておいたんだ、脂身の多いところを。

牛丼でいこう。

 

牛300gにタマネギ中1個。

2ミリ幅で、縦にスライス。

 

鍋を用意して。

タマネギと牛肉を交互に積み重ねて。

水50cc、酒50cc、塩少々、砂糖小さじ2を入れて。

蓋をして、弱火で蒸し煮。

(使い残したこんにゃくも入れちゃえ。)

 

ゆっくり熱を入れて、タマネギの水分をしっかり脱水させて。

そんでもって、脂と水分を乳化させて。

 

頃合いを見計らって、醤油を注して、しばらくグツグツ。

味を確かめる。

 

いい香り。

f:id:cookingenglish0508:20160203121816j:plain

 

吉野家の牛丼も、松屋の牛丼もいいけれど。

自家製牛丼も、結構、いける。

 

…「バブルヘGO! タイムマシンはドラム式」

いやぁ、楽しく観ちゃった。

 

 ホイチョイプロダクションのお家芸ともいえるバブル映画。

脚本は君塚良一

 

阿部寛は「結婚しない男」の頃から、いいなぁ、と思っていて。

薬師丸ひろ子は、年齢を感じさせないし。

 

僕の就職は88年。

バブルも終わりの頃だったんだね。

当時の再現を、今、見せられると、とても恥ずかしくなってくる。

札束を振り回すようなことはなかったけれど、でも、あの服装、あの髪形、見覚えがある。

 

テクノカット、やったなぁ。

小さなカバンにものを詰めて歩いたなぁ。

ショットバーに通って、酔ってたなぁ。

まったく、なんてことを。

恥ずかしい。

 

広告を非表示にする