コッペパン

ホットドッグが食べたいな♪♪、と思っても、ふさわしいパンが見当たらない。

スーパーに出かけてみても、バターロールみたいなものはあるのだけれど...。

小中学校のころは、あれほどお世話になったのに、給食で。

 

仕方がない、自分で作るか。

f:id:cookingenglish0508:20150822111622j:plain

バターたっぷりで、フワフワよ。

 

ソーセージは、やはり、このくらいの太さがないとね。

f:id:cookingenglish0508:20150822110650j:plain

温めて齧ると、プチュッと肉汁が飛ぶソーセージ!

 

パンを二つに割り、バターを塗って、少し温めて。

薄焼き卵を間に入れて、炒めた細切りキャベツを敷き詰めて。

お湯の中で温めたソーセージを載せて。

後は、ケチャップ、マヨネーズ、粒マスタード。

クリームチーズも少し。

f:id:cookingenglish0508:20150822121013j:plain

ああ、待てない。

ミートソースもいいけれど、ケチャップも捨て難い。

 

コッペパンのコッペが気になって、手元の辞書を開いてみる。

「フランス語のクペ(切った)、ドイツ語のコップフ(頭)が語源か?」

「?」が気になる。

語源ははっきりとしていないのね。

 

ドイツ語の「頭」はいかがなものか。

形からすると、コッペパンはバゲットに似ているよな。

もちろん、製法は違うし、クープも入っていないし。

 

ひょっとすると、昔は、カミソリで斜めに傷をつけていたのかも?

まぁ、いいか。

少なくとも、コッペさんが作り始めたものではないことがわかったから。

広告を非表示にする