読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かえるのムニエル

さて、研修会。

「立川ホテル」を8時半過ぎに出て。

電車に乗って会場へ。

 

辻調から予定表が送られてきたとき、「フランス地方料理・かえるのムニエル」が、ポンと目に入ってきた。

 

小学生の頃、かえる(食用がえる)はよく食べていた。

ウシガエル程度の大きさのかえるのもも肉。

最近は、かえるの肉を見ないので、口にすることはなかった。

かえるの肉は、巷間に流布する通り、鶏肉の食感。

塩コショー味で、パクパク食べていた。

 

さて、研修会では下処理から教えてくれるのかな、と少し期待したんだけど...。

f:id:cookingenglish0508:20150804094211j:plain

それはなかった。

ちょっと残念。

それにかえるも小振りだし。

f:id:cookingenglish0508:20150804133602j:plain

フランスから、冷凍で空輸されたものだという。

かえるは、その下半身の皮が剥かれ、あぐらをかいた状態で串刺しに。

開くとこんな感じ。

f:id:cookingenglish0508:20150804133727j:plain

一人、五対。もも肉10本。

「おいしい料理なので、一人30本は食べられちゃうんですよね」と、講師。

 

股関節の部分に包丁を入れ、水かきを切り落とし。

塩コショーをしっかりとして、少し休ませて

粉をはたいて、温めたオリーブオイルの中で焼き色を付けて。

 

半ば熱の入ったかえるをザルに取り、オリーブオイルをボウルに移して。

同じフライパンにバターをたっぷり。

ニンニクを加え香りを立たせ、バターの泡が消える前にかえるを戻し入れ。

おいしい焼き色がかえるに付いたら、パセリを振り入れ、軽くひと混ぜ。

 

トマトのフォンデュとレモンを添えたら、出来上がり。

f:id:cookingenglish0508:20150804140858j:plain

おいしい!

これ、手羽元を使って再現してもいいよね。

 

...ついでながら、本日の研修会で取り上げられた残りの料理。

すずきのパイ包み焼き ソース・ショロン。

f:id:cookingenglish0508:20150804152559j:plain

舌平目とロブスターのムースを、すずきのフィレにたっぷりと仕込んで。

マヨネーズ系のソースと、よく合うわね。

 

オレンジのフラン。

生クリームタップリで、これもいいね。

f:id:cookingenglish0508:20150804154744j:plain

赤いのは、オレンジのピールをざくろのシロップで煮詰めたもの。

 

いやぁ、今回もいろいろと勉強させていただきました。

また、来年。

広告を非表示にする