トワイニングス

シンガポールに降り立った時、「紅茶を買って帰らなくちゃ」と思った。

赤道付近+英国の影響=紅茶、という、小学生並みの発想。

 

その課題が果たされたのは、出国時、空港の免税店で。

おお、ちゃんとテナントがでてる!

 

商品をブラウズしてみると...。

いやぁ、内容量に比べて、みんな高価だな。

 

僕の手に入りそうなのは、これか。

(手に入りそうだといっても、日本円で3,000円近く!)

15のティーバックが入ったボックス。

いろんなフレーバーがあるようだけれど、ここは冒険せずにアール・グレーで。

アイスで飲んだらおいしいかな?

 

...自宅に持ち帰り、開封してみる。

おお、なんと。

f:id:cookingenglish0508:20150406113239j:plain

紙袋で茶葉を包んでない!

安物の紅茶のように、ホチキスで留めてない!

ガーゼを使ったものを見るのは初めて。

 

味も香りも、もちろん逸品。

もう一つのフルーツ・フレーバーの方も、よかったなぁ。

 

あの店で5,000円とか、10,000円とかしてた紅茶は、きっともっとおいしいんだろう。

杉下右京ではないけれど、紅茶にハマる気持ち、わかるような気がするなぁ。

広告を非表示にする