ステーキ

たまらなくステーキが食べたいときがある。

「お口の中で溶ける」ような肉である必要はない。

いや、むしろ、しっかりと歯ごたえがあるほうが好きだ。

 

牛さんの血と肉を体内に取り込み、パワーにしたい。

あの、ドシンとして、逞しく生きるエネルギーが必要なんだ!

 

で、これ。

f:id:cookingenglish0508:20150312113751j:plain

この厚さなら、塩コショーして30分は寝かせた方がいいね。

今日は、ソースに絡ませずに食べたいから、塩は少し多め。

 

30分ほどして。

滴る水は、ペーパータオルに吸わせて。

 

冷たいパンに油をひいて。

肉を滑らせ、ゆっくりと熱を入れていく。

肉からにじみ出る最初の水分&油も、ペーパーに吸わせて。

このひと手間で、肉にいい焼き色がつく。

 

肉の下半分に熱を入れたら、裏返し。

さらに焼いていく...。

 

いい感じに張りが出たら網に取り、休ませて。

f:id:cookingenglish0508:20150312124008j:plain

ブラックペパーとレモン汁。

粗塩をパラパラ。

 

さぁ、ナイフとフォークで。

中心はローズピンク。

冷たいビールと一緒に...。

 

...今、ブログを書きながら、また、唾液が出てきた。

おいしかったんだもの、仕方ないね。

 

広告を非表示にする