読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなくシンガポール(5)

さて、昼食。

園内には、高級レストランあり、ダイナーあり...。

フラフラ歩いていると、こんなところが!

f:id:cookingenglish0508:20150404153101j:plain

多くの食堂が、軒を連ねている。

でも、取り立てて安いというわけでもない。

f:id:cookingenglish0508:20150404153454j:plain

牡蠣の料理か。

800円ぐらい?

写真には大振りの牡蠣が載っているけど、本当?

 

猜疑心満々で一つ注文。 

f:id:cookingenglish0508:20150404154658j:plain

やはり、写真と実物は違うか...。

卵は固いし、牡蠣には旨みも弾力もなく、ざんねん。

 

作り方を見ていたけれど。

卵を焼いている途中で、溶いた葛粉か片栗粉を入れ。

適当な大きさに切り分け、皿に盛る。

別に炒めた牡蠣を載せ、出来上がり。

後は、辛味のソースを掛けて食べる、と。

 

店員が、ムスッとしていて。

作っているときも、ムスッとしていて。

あれは、おいしいものを作れる表情じゃないなぁ。