読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなくシンガポール(1)

日程と予算の関係で、今年の春の旅行はシンガポール

 

4月1日の10:30PMにはチェックインを済ませて、4月2日の00:05AMに出発。

時差-1時間の現地に6:30AMに到着。

夜行バスに乗って移動している感覚。

もう、この時点でかなり眠い。

 

それなのに...。

入室が可能になるのは午後ということで、どうでもいい市内観光に引きずり回されて。

これはもう修行...。

 

マーライオンの子供、と説明された。

f:id:cookingenglish0508:20150402110501j:plain

左上の隅に見えるのがお母さん。

口から滝が落ちている、あのマーライオン

 

その後、市内をぐるりと回り、植物園へ。

大チューリップ祭り。

f:id:cookingenglish0508:20150402142541j:plain

来月には、また新たなテーマで、異なる花が楽しめるらしい。

 

...やっとホテルに行ける、と思ったのに。

ここで解散、と厳しい一声。

地図で確認すると、ホテルのあるリトル・インディアまで結構ある!

仕方ないなぁ、なんとか移動するしかない。

地下鉄を乗り継いで、ホテル近くのファーラー・パークまで。

 

外に出る。

おいおい、スコールだよ。

激しすぎるよ。

 

ああ、今朝、ホテルにチェックインしてトランクを預けたとき。

あのとき、少し時間があったよなぁ。

ホテルの外周を確認しておけばよかった。

一人で帰ってくることになるなんて、予想だにしていなかったから。

 

雨の中、地図を片手にホテルを探す。

だめだ、わからん!

こうなったら、道を訊くしかない。

 

そして、ここで、次の悲劇が...。

それは、僕が滞在先のホテルの名前を完全に誤解していたということ。

もう、思い込んじゃってるから、仕方がない。

 

「パークロイヤル・オン・キチュナーロード」が正式名称なのに。

キチュナーロードがホテルの名前だと、勘違いしていたんだね。

これはもう、「APAホテル 成田駅前」というホテル名なのに、「成田駅前」とだけ連呼していたのに等しい。

 

まぁ、最終的にはなんとか辿りつけたけど、でも、ほんと、途方に暮れた。

疲れた体、ボーッとした頭。

正常じゃないって、判断力を鈍らせるよなぁ。

 

もう、初日は爆睡。

明日はどうなっちゃうことか...。