読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕達急行

「女子の気持ちは女子にしか分からない。

分からないもので、いくら悩んでもストレスになるだけだから、考えないのが一番いい」

と言う主人公は、

「私と電車と、どちらが大事なの?」

と、問われてフラれる。

 

オタク、またはオタク的な者にとって、どっちを取るのといった種の質問は困るだろうなぁ。

趣味は趣味で、恋愛対象とまでいわなくとも、それに準ずるぐらいに大切なもの。

 

「〇〇と私、どっちが大事なの?」

どっちも。

いや、ひょっとすると、〇〇の方。

そもそも、〇〇が好きな僕のことを好きになってくれたんじゃないの?

でも、そんなこと言ったら、張り倒されるだろうな...。

 

「もちろん、君さぁ」

ああ、嘘ではないにしろ、真実ではないことを言っちゃったかな?

〇〇に興ずる僕は、ダメなのかなぁ。

 

「せっかく二人でいるのに、〇〇なんてあとでいいじゃない!」

あとで、かぁ。

でも、僕は今、〇〇で頭がいっぱいなんだよなぁ。

それにしても、そんなにキイキイ言わなくてもいいじゃない...。

 

ああ、出口がない。

まいったなぁ。

 

 

 

 

広告を非表示にする