読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふなっしー

が、日本外国特派員協会の記者会見に登場していた。

「おお、ふなっしーコスモポリタンだな」なんて思いながら、その様子を見ていた。

 

すると、ある場面で「自分の蔕(へた)を...」と口にした。

えっ、蔕?

梨に蔕があるのか?

蔕って、茄子、トマト、柿についているものじゃないの?

 

じゃぁ、梨や林檎についてのるは.......あれは何?

あの、てっぺんからちょんと飛び出している、あれ。

俄かには思いつかないなぁ。

 

で、ウィキペディアで調べてみると...。

「萼(がく) (calyx) は全体を支える役割を持つ。

また、果実に残り付いている萼は、(へた)と呼ばれることがある。」

 

で、問題にしている方は...。

「果実の基本構造」で検索。

おお、図が出てきた。

ああ、花柄、花梗と言うのか!

 

花柄(かへい、peduncle)または花梗(かこう)とは、花序受精後は果実)を支えるためのである。」

 

...とりあえず。

ふなっしーのおかげで、日ごろ気にしていなかったものが、とても気になったという、たわいもない話。

広告を非表示にする