カニのリゾット

若いころは、歯ごたえのない、「緩い食べ物」は口にしなかった。

食べた気がしなかったから。

 

でも、歳を取ると、歯や胃に優しい食べ物が気にならなくなる。

また、そういったものを好んで作るようにもなるから、不思議。

 

鶏ガラのブロードを取って脇に置き。

琺瑯の鍋に、バターを溶かして米を炒める。

米粒に触れ、アツッと感じたら、出汁の入れ時。

米一粒ひとつぶを膨らませるように、少しずつ、少しずつ、注ぎ入れ。

 

ル・ノートルのシェフに教えてもらった、仕上がりまでの目安は18分。

...フツフツとしてきたね。

味をみながら、塩コショー。

カニ身を入れて、ひと煮立ち。

 

まずはシンプルに、チーズと生クリーム。

f:id:cookingenglish0508:20141223102228j:plain

こちらには、カニミソもつけて。

 

もう一品は、トマト風味で。

調理の合間にトマト・ピュレを加えて、ブロードの量を加減する。

f:id:cookingenglish0508:20141227122209j:plain

シュレッド・チーズを振りかけてドリアにしようと思い、グラタン皿に入れてみたけど、止めた。

もう、そのまま食べよう。

広告を非表示にする