たまお

昨夜、パソコンをパチパチやりながら、ラジオを聞き流していた。

NHK第1の、J-Popのリクエスト番組。

 

どうしても聴きたい、というそんな単純な理由で、リトラバのハロー・アゲインをリクエストした人がいた。

そして、その曲が流れてきた。

「えっ、そんなに気軽に曲を流してくれるの?」なんて思ったら、僕も1曲、どうしても聴きたいという、我が儘な理由でリクエストしてみようと思った。

 

ユーミンのダ・ディ・ダとか、久しぶりに聴いてみたい、なんてことを番組のリクエスト・フォームに書き入れて。

ラジオネームは「たまお」でいいか。

 

投稿ボタンを押そうとしたそのとき、

「では、本日、最後のリクエスト。

KANで『愛は勝つ』」

 

なぁんだ、もう、番組も終わりか。

まぁ、次の放送もあるだろうから、それに向けて送っておくか。

エイッ、とボタンを押して送信。

 

KANの曲が始まり、僕はパソコンの電源を落として、就寝モード。

煙草をふかし、曲を楽しみ、聴き終えたそのとき、

「それでは、残りの時間で、寄せられたお便りを読みますね。

ラジオネームは「たまお」さん」

 

へえ、「たまお」なんて名前を使う人、僕の他にもいるんだなぁ。

 

「流れてくる曲のすべてが、僕の青年時代を彩るもので、半泣き状態で聴いています」

あれ、これ、僕が送ったメッセージじゃん!

 

いやぁ、驚きだねぇ。

何が驚きって、ほんの今さっき送った僕の言葉が電波に乗ったということ。

 

僕の中学・高校の頃、曲のリクエストは葉書か電話でするもだと相場は決まっていた。

葉書でのリクエストなんて、受け入れてもらえるかどうかなんて、数日は待たなければ分からなかったものなあ。

現在は、クリックひとつで、あっという間。

時代だねぇ。

僕らの時代は遠くになりにけり、か。

そういえば、「電リク(電話リクエスト)」なんて言葉も、最近、聞かないね。

これも、もう死語?

 

広告を非表示にする