読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タリアテッレ・アッラ・ボロニェーゼ

テレビのスイッチを入れると、タリアテッレ・アッラ・ボロニェーゼを作るイタリア人おばさんの姿が...。

 

「小麦粉100gに対して、卵1個よ」

なんて言いながら、作り始めた。

 

見終えて思ったことは、「久しぶりに作るか」。

 

流しのステンレスをキュッキュッと洗って、消毒して。

粉を200gを泉状にして、卵2個を割り入れて、フォークで崩しながら混ぜていく。

適当なところで丸めて、伸して。

ラップに包んで、暫し、休ませる。

 

その間に、ラグー作り。

タマネギ、セロリ、パセリ、トマト、ニンニク、牛肉。

肉を色よく炒め、タマネギ等を入れて炒め、トマトを入れて、下味の塩を入れて。

(チキンのブロードも、少し注しておこう。)

 

グツグツ煮て、パチプシュと跳ね始めたら、要注意。

ここからの煮詰め加減が、仕上げを決めちゃう。

 

ここ、というところで最後の味付け。

ケチャップとかウスターソースとか、避けたい調味料。)

いい感じに仕上がったら、火を止め、休ませる。

 

生地を麺棒で延ばして、タリアテッレの薄さに延ばし、クルクル丸めて、タリアテッレの幅に切る。

それぞれの麺を、指先でクルクルと丸めて、休ませる。

 

塩を加えた湯の中に入れて、3分ぐらい。

湯から取り出したパスタを、再加熱したラグーに落として絡めて。

Eccola!

f:id:cookingenglish0508:20140923115147j:plain

牛肉の旨みとトマトの酸味・甘味が濃縮されたソース。

薄らと塩味の付いたパスタ。

チーズの塩味と香り。

もう、それらだけで、作り手のウマヘタ関係なく、おいしくできてしまう。