読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネコ缶

飼い主は、ネコの喜ぶ姿が見たくて、缶詰に手を伸ばす。

 

まず見るのは値段かな。

小さい缶詰で、一缶120円の「金缶」。

これは、スペシャル・デーのために。

 

日常用として、1ランク下の「黒缶」。

f:id:cookingenglish0508:20140907095113j:plain

まぁ、目をまん丸くして。

シラス入りの缶詰、喜ぶだろうか?

 

いくらおいしいからと言って、同じメーカーではあきるだろう。

と、いうことで、さらにワンランク下の「シラス入り」。

f:id:cookingenglish0508:20140907095104j:plain

「う、何だ?」ってな感じで見上げてる。

 

もう一種類買っておこうか。

これは「マグロ」

廉価というだけで、決定。

 

しかし、最後のは失敗だった。

チビ太は「こんなもの食えるか!」と大騒ぎするし。

ロランは砂を掛けるふりをするし。

チャイロのオヤヂは、鼻先だけつけて、どこかに行ってしまうし。

 

たしかに、この缶詰のネコはいただけないな。

f:id:cookingenglish0508:20140827083803j:plain

「もう、うんざり」みたいな顔をしている。

嫌々食べたんだろうな。

そもそも、これ、野良猫じゃないの?

 

困ったね。

これ、4缶も買っちゃった。

またたびでも振りかけて、だましだまし食べさせるか。

結局、安物買いの銭失い...。

 

広告を非表示にする