おやつ

お昼はきちんと済ませたのに、なぜか腹が空いてしまう。

ちょっと何かを齧りたくて、冷蔵庫を覗く。

 

ソーセージと、昨日作った焼きそばか。

パンにバター。

...挟んで食べるか。

 

総菜パン。

コロッケパンに、焼きそばパン、ソーセージパン。

ナポリタンを挟んだパンもいいよね。

f:id:cookingenglish0508:20140728101446j:plain

 

中学、高校の校門を出ると、通りを挟んでその向かいに「〇〇商店」とか「〇〇雑貨店」といったものがあったような気がする。

店に入ると、ノートと消しゴムのにおいがして。

天井から縄跳びがぶら下がっていて。

錆びついたスチール製の網棚には、菓子が並べてあって。

店の隅のガラス製の棚には、菓子パン・総菜パンが入っていて。

 

パンは、ペラペラのビニールに包まれていて。

パンによっては、ウマヘタに描かれた男の子や女の子、動物の絵がプリントされた袋に入っている。

 

クオリティーに関しては、決して褒められたものではないパン。

食べ続けたら、まず、体のどこかに変調をきたすであろうパン。

母親に強請ったら、却下されるようなパン。

大人の目を掠めて買っては食べていた、あの「秘密の感覚」が、今でも時折、蘇る。

 

あんな時代に生きていたんだな。

 

 

 

広告を非表示にする