エビの水餃子

コウ・ケンテツのレシピをベースに。

彼は、大判の餃子の皮に、中程度のエビを二尾入れていた。

 

スーパーでエビを購入。

「大判」と書かれた餃子の皮も購入。

 

 

エビの殻を取って、片栗粉と酒で軽くもみ洗い。

醤油とごま油で、軽く下味をつけて。

水分を拭って、餃子の皮の上に...エビが二つ載るほど「大判」じゃない。

仕方がないから、エビ一尾とベビーホタテ一つ。

みじん切りしたネギを振りかけて、皮を閉じる。

 

沸騰した湯に投入。

浮き上がったら少し遊ばせて、エビに熱が入ったころを見計らって、鶏がら煮干し醤油スープの中に入れる。

ニラを振りかけて、と。

f:id:cookingenglish0508:20140720120322j:plain

あとは、ごま油&辣油を、それぞれ小さじ1程度回しかければ完成。

 

うん、いいんじゃない?

...でも、取り立てていいとも思えない。

 

どうかなぁ、僕には雲呑で十分か。

で、縮れ細麺と合わせて、雲呑麺。

中華そばやで食べられるような、あんな感じのラーメン。

 

 

広告を非表示にする