読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラン・マンジェ

野菜のスープから始まった2ndクールも、デセールを作って終了。

 

講師は、ゼラチンと寒天の違いを知ることを目的に、ブラン・マンジェとスイカの寒天を作ると説明。

 

ブラン・マンジェ。

傾けたときに、ボウルの底に筋を引く程度に冷やした、アーモンド風味の牛乳ゼラチン。

ビーターからトロトロと流れ落ちる程度に立てた生クリーム。

二つを合わせて、おいしい生地を作って。

カップに入れて、冷蔵庫へ。

 

スイカの寒天。

水、砂糖、寒天を鍋に入れ、弱火で煮溶かして。

常温のスイカのジュース、ウォッカ、シトロネルを入れて。

皿に注いで、粗熱を取って、冷蔵庫へ。

 

どちらも仕込みは午前中に終了している。

これから、盛り付けを開始。

 

皿に入れ、冷やし固めた寒天を冷蔵庫から取り出し。

同時に、ブラン・マンジェも取り出し、40℃前後の湯の中に3秒ほど。

エイと振り出し...。

f:id:cookingenglish0508:20140806151500j:plain

アララ、お湯に入れる前に、手に持っていた時間が長かったかな?

ちょいとばかりブラン・マンジェが溶けてしまった。

また、溶けてるから、不安定になって、倒れてしまった。

カッコ悪い...。

 

スイカを刳り抜いたものとクーベルチュールを削ったものをあしらって。

さぁ、さぁ、食べましょう。

 

寒天かぁ。

嫌いじゃないんだけれど、このコリッとした食感が、ねぇ。

寒天が、ゼリーのトロンとした舌触りに包まれて。

不思議なデセール。

 

 

 

広告を非表示にする