読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚背肉のロースト ソース・ロベール

魚を食べたら、次は、肉。

今日は、豚肉。

 

3cm厚のロース肉。

この厚さに、ちょいと感動。

これにどうやって熱を入れていくのか。

 

フライパンに油を熱して、肉を滑り込ませる。

ここでは、焼き色をつけるだけ。

次に、フライパンごと、120℃のオーブンに投入。

 

120℃か。

低い温度だよね。

まぁ、これだけの厚さだし。

中心まで熱を入れようと思ったら、この温度か。

 

時折、フライパンをオーブンから取り出して、アロゼ。

20分弱ぐらいで、肉の感じがよくなる。

網に上げて、休ませる。

 

その間に、手早くソース・ロベールを。

酸味の効いたソース。

 

肉を網からまな板に移し、食べやすい大きさにスライス。

さらに、肉を皿に盛りつけて、ソースを掛ける。

f:id:cookingenglish0508:20140806145726j:plain

 

後ろに見えるのは、茹でたじゃがいもを、卵でつないで焼いたもの。

「ポム・ド・テル ロベール」という名前だという。

ソースと同様、ロベールさんが考案したもの。

 

う~ん、これもおいしい。

低温でジクジク焼くと、肉の水気が飛んじゃうんじゃないか、と心配したけれど、そうでもない。

しっとりとして、おいしい歯ごたえ。

 

3cm厚の肉は、特別注文で取り寄せたと講師が言っていた。

そうだろうなぁ。

2㎝厚のものは見かけたことがあるけれど。