読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タルト・タタン

完成品は、イメージしていたものと違った。

 

「ボキューズのパクリです」と、講師。

盛り付けもしやすいし、なにより、一人かならず一個。

喧嘩しなくて、いいよね。

f:id:cookingenglish0508:20140805152543j:plain

フライパンに砂糖を入れて、カラメリゼして。

バターを溶かして、リンゴを入れて、暫く転がして。

フライパンごと、180℃のオーブンの中に入れて、1時間。

時折、取り出しては、カラメルをアロゼして。

 

そこそこ柔らかくなったら、リンゴを一つずつラムキャン(ココット)に移して。

再びオーブンに投入し、30分。

 

取り出して、仕上げ。

で、ここが問題!

スプーンでリンゴをグイグイ潰して、整形。

食べてみて感じたのは、リンゴに不自然に力を加えることで、繊維がグチャグチャ。

ラムキャンの形に合わせようとするから、それはもう、思いっきり。

「やれ」と言われたからやったけど、リンゴの悲鳴が聞こえてきそうで、あまり気乗りはしなかった。

 

重しを掛ける時は、対象物に均等に力が加わるようにした方がいいと思うけど。

で、重しの力で、ゆっくり、じっくり、潰れていくのなら、リンゴの繊維を断ち切らずに済むだろうに。

まぁ、入れ物が小さいから、それも難しいか。

 

このタタンは、残念だった。

広告を非表示にする