リヨン風サラダ

その昔、サラダはおまけのように、頼んだ料理についてきた。

キャベツの千切りに、ドレッシングが軽く振りかけられて。

それは、まるで、口直しの食べ物のよう。

 

でも、いつのころからか、サラダは存在感を増すようになってきた。

サラダは主体性を帯び、「付属物」的な立場を脱する。

サラダ一つで、腹いっぱい。

 

「メインを食べて、サラダ」といった流れではなく。

「サラダは、まだまだ入り口」に過ぎない。

f:id:cookingenglish0508:20140805123404j:plain

マスタード風味のヴィネグレット・ソース。

砂肝とベーコンのソテー。

ポーチド・エッグに、山羊乳のチーズ。

 

僕は、パクパク食べてしまうけど。

コースなら、「この後、数品続くね」なんて考えてしまって、途中でカトラリーを置いてしまう人もいるだろうなぁ。

f:id:cookingenglish0508:20140805123501j:plain

まぁ、胃袋に負担を掛けぬよう、話でもしながらゆっくり食べて。

 

 

 

 

広告を非表示にする