キャベツのシチュー

野菜庫を覗いてみる。

あった、使いかけのキャベツ。

中途半端に小さくなって。

緑の部分がサラダに使われた、白い塊が。

 

ザクザク切って、まずは蒸し煮。

そこそこ柔らかくなってきたら、ブイヨンを加えて、さらに煮る。

水分が減ってきたら、スパチュラでキャベツを押しつぶす。

ドロドロになるまで押しつぶす。

 

牛乳を加えて仕上げることを念頭に置いて、キャベツのスープを煮詰めていく。

f:id:cookingenglish0508:20140612170717j:plain

見た目は悪いけれど、これがおいしい。

今日はホタテを加えたけれど、魚介系が合うと思う。

 

キャベツの芯まで使うから、「捨てちゃった」という罪の意識からも解放される。

ああ。

キャベツの甘味と香りを堪能しながらいただきましょう。

広告を非表示にする