読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

骨付き鶏もも肉のソテー

クリスマスでもないのに、骨付きのもも肉。

焼いている間に「骨から旨みが出る」ような気がする。

だから、見かけると、心惹かれる。

 

「食べたいな」と思っても、大抵の場合、他の食材を優先してしまう。

けれど、それでも、抗しがたくなって、買い物かごの中に放り込んでしまうことがある。

 

目当ては、やはり、ソテー。

パリッとした皮を、サクッと齧って。

塩が入った肉の旨みに唸って。

冷えたビールをゴクリとやって。

f:id:cookingenglish0508:20140519170155j:plain

「おいしい何か」が焼いている間に逃げ出していくような気がして、以前は、骨と肉の間に切り込みを入れずに調理していた。

でも、骨と肉の結着部分には、なかなか火が入らない。

「これでもか」と思うぐらい油をアロゼしても、切ってみたら血が滲んでいた、なんてことがたびたび。

だから、最近は、深いことを考えずに、ナイフを入れて、骨から肉を剥がしている。

 

...皮と肉の間から溶け出してくる脂を考慮して、少なめの油をパンに入れて。

ジクジクゆっくり焼いていく。

パンに油が溜まってきたら、それを骨の上に何度も何度もかけて...。

 

ああ、いい匂いがしてきた。

今すぐにでも食べたい気分。