狩り

動くものがあると、つい、手が伸びてしまう。

本能に衝き動かされ、理性の入り込む隙はない。

神が与え給う素質に、抗うことはできない。

f:id:cookingenglish0508:20140504141509j:plain

ロランの肢の先には、すずめが一羽。

 

相手が動けば、自分の体も動いてしまう。

獲物は、へび、かねちょろ、ねずみ、バッタ、カマキリ、鳥類...。

 

大昔に読んだ本によれば、ネコは獲物を家に持ち帰り、その家の住人に狩の仕方を教えたつもりになっている、とのこと。

狩りをしている、まさにその場面を見せなければ、狩りの仕方を教えることにはならないと思うけど...。

 

ロランの肉球を見る。

彼の肉球には、シミのような模様がある。

聞くところによれば、模様があるネコは狩りをするらしい。

 

一方、肉球が単色なら、そのネコは狩りが苦手。

チビ太のそれは単色で、狩りはせず、せいぜい外敵を追う程度。

 

他のネコたちはどうなのだろう。

 

 

広告を非表示にする