acciughe

チンクエ・テッレのリオマッジョーレの寄ったときのこと。

フリータイムで、一人でブラブラしていたら、同行のイタリア人ガイドさんと出くわした。

彼女も同じくブラブラしていたようだった。

 

ガイドさん、訛りの強い英語で、「知人が、この坂の上でショップを開いているから行かないか」と私を誘う。

ガイドが連れて行く先など、あまり信用できないな。

私に何かを買わせて、店から1割ぐらいキックバックをもらうんでしょ?

でも、まぁ、時間もあるし。

それに、気に入らなければ、買わなければいいわけで。

 

店に入ると、ニコニコしたお兄さんが。

30代半ば、といったところか。

どうも自家製ワインが自慢らしい。

曰く、この土地のブドウで作る、特別なワイン。

何種類か、注いでは飲ませてくれる。

たしかに、おいしい。

でも、瓶は重いしなぁ。

 

10分も経って、そろそろ帰ろうとする。

相手はどう出るかな、と思ったら。

「ご来店ありがとう。よい旅を!」

あらま。

そう来たか。

 

疑い深い自分を少し恥じて。

いや、まぁ、何か買わせてもらうよぉ...。

振り返ると、そこにはアンチョビーの瓶詰が並べられていた。

f:id:cookingenglish0508:20140414091407j:plain

 カウンターに置いて、

"Prendo questo." と言うと。

えっ、買ってくれるの、といった感じの表情。

このお兄さん、端から、自家製ワインの自慢話がしたかっただけなのだろうか?

 

...日本に帰って、瓶を開けてみる。

香りは独特。

発酵してまっせ、といった感じ。

味は...おいしいじゃん。

少し塩辛いけど、深い味わい。

これは、いい買い物だった。

 

 さて、まずは、どうしよう。

そうだね。

2~3枚、ご飯に載せて食べてみよう。

きっとおいしいよ。

そのあとは?

もちろん、ピザ、パスタだね。

広告を非表示にする