わらじステーキ

と、聞いただけでは「なんだ、それ」となりかねない。

わらじのように履くことができるほど「大きい」ということで。

まぁ、わらじの代わりに、サンダルでも、草履でも、下駄でもいいんじゃないか、とも思うけど。

 

これはアメリカ産。

厚さはないが、大きさは十分。

f:id:cookingenglish0508:20140412123012j:plain

今回は、塩とコショー、仕上げにバターで。

これはこれで、やはりおいしい。

 

ドイツに出かけたとき、ハンマーステーキというなのポークのグリルを食べた。

厚くて、幅広で、塩味で。

あれはおいしかった。

あの味と、食感、感動は、今でも忘れない。

 

肉好きは、一度は、肉の国に出かけるべきだ。

「肉の世界は、こんなにも広いのか!」と、目から鱗がパラパラ、パラパラ、落ちることだろう。

広告を非表示にする