ビーフシチュー

ひと月に一回は食べたくなるビーフシチュー。

毎度のことながら、こんな感じの肉を見ると、煮込みたくなる。

f:id:cookingenglish0508:20140320140130j:plain

シチューを作るにあたっては、いろいろなアプローチがあるだろうけど。

まずは、牛肉そのものから出るスープを。

灰汁を取ったら、落し蓋をしてコトコト3時間。

 

仕上がり近くになったら、別鍋で、バルサミコと赤ワインを、それぞれ煮詰めて。

その一方で、苦めのカラメルを作って。さらに、バターと玉ねぎを炒めて、薄力粉を入れてルー作り。

 

ここぞというタイミングで、牛肉の鍋に鶏がらのスープを入れて。

煮詰めたバルサミコと赤ワインを入れて。

カラメルを入れて。

ルーを入れて。

あとは、塩コショーとウスターソースで味の調整。

 

タイミングよく蒸しあげたジャガイモとニンジンを入れて、少し休ませる。

f:id:cookingenglish0508:20140320171055j:plain

 

カラメルの代わりに、100%のオレンジジュースを煮詰めて使っても、おいしい。

 

さあ、今日はパンだな。

間違いなく。

辛口の赤ワインと一緒に。

 

 

広告を非表示にする