あの頃のカレー

小さかった頃、近所の食料品店にいくと、こんなカレーが幅を利かせていた。

f:id:cookingenglish0508:20140212154746j:plain

あとは、そうだな、外国人の男の子がイメージで入ったもの。

ゴールデンカレー、バーモントカレー

 

時は流れて。

カレーのルーは、今や、高級志向。

味わいはシチューの延長線上。

とてもアルマイトの鍋で作るようなことはできない。

恐れ多くて、できない。

 

気軽に野菜を刻んで、炒めて。

使う肉は、切り落としで十分。

お湯を加えて暫く煮たら、ルーを加えて、できあがり。

f:id:cookingenglish0508:20140212164413j:plain

あとは、せいぜい、S&Bのカレー粉をパラパラと振り入れて。

どこか水っぽくて、緩いカレー。

そんなB級感が郷愁を誘う。

そして、思い出。

 

 

広告を非表示にする