牛乳パン

食パンにマーガリンとジャムを塗って、売り物にしていた時代があった。

そんな時代が少し進むと、バタークリームやコーヒークリームを塗る時代がくる。

牛乳パンは、まさにそんな時代の産物。

f:id:cookingenglish0508:20131019092006j:plain

 

牛乳パンのパッケージといえば、学帽を被った男の子と三つ編みの女の子。

そして、乳牛。

白の不透明の袋に入って。

 

いつの頃からか、パンもオシャレになって。

駄菓子寄りのパンは、押され気味。

残念ながら。

 

懐かしいパンと言えば、揚げパン。

揚げたアンパンにグラニュー糖をしっかりと塗して。

齧ると、ブニュ~と縮んで。

冷えた牛乳とのコンビネーションが最高。

 

あとは、そうだな、ウェハースパン。

クリームを挟んだパンの両面に、緑やピンクのウェハースを貼りつけたもの。

そのフォルムは三角柱。

噛み切ると、ウェハースが硬口蓋に貼りつく。

まるで、焼き海苔のように。

広告を非表示にする