ハードルを上げる

と、よく聞く。

 

確かに、ハードル競争はきつい。

足にひっかけて、よく倒していた。

(で、痛い思いをしていた。)

 

...今日、ラジオを聞いていたら、

raise the bar という言葉が、耳に入ってきた。

コンテクストから、これはどうも「ハードルを上げる」に通じるようだった。

 

気になって調べてみると、「到達水準を上げる」ことを意味するとき、ハードルではなく、高跳びのバーを使うようだ、英語圏の人は。

 

面白いね。

同じ、陸上というカテゴリで発想しても、一方はハードルで、他方はバーだものな。

 

ハードルを数センチ上げられるのもきついけれど、バーを数十センチ上げられるのもきつい...。

広告を非表示にする