Excuse me.

Excuse me, but that is not permitted.

Non va affatto bene, mi scusi!
 

英語圏に行って「ちょっと、すみません」の一言が困惑のタネになったのは、一昔前の話。

 

"Excuse me."

が適切な場面で、

"I am sorry."

を連呼してしまう。

 

今では、こんな失敗をする人はいないだろう。

 

「すみません」という、謝罪にも、呼びかけにも使われる言葉は、やっかいだ。

単語句を置き換える方式で外国語を学ぶところには、こんな落とし穴が。

気を付けないと...。

 

 

広告を非表示にする