教育か飼育か

城山三郎の講演会の模様が、ラジオから流れてきた。


教育は、子どもの興味や関心を考えながら与えるもの。
そうでなければ、それは、子どもを飼育しているに過ぎない。


「飼育」という言葉をどのようにとらえるか。
城山は、「親の側からの一方的な詰め込み」を意味しているのだろうか。


なかなか難しい問題。
でも、いずれの場合も、子どもの将来のことなんて何も考えずに、ただただ刹那的に子どもと接するよりましだと思う。

広告を非表示にする