欲しいもの

は、水に浮いているようだ、と聞いた。


手を水に入れ「おいで、おいで」と、こちらに寄せようとする。
すると、なぜだか、向こう側に行ってしまう。


イライラして「それなら、もう要らない」と、手の甲で水を押しやる。
すると、さらに向こうに行ってしまう。


欲しいものは、なかなか手に入らない。
困ったね。


柄の長い、大きな網で、ガバッと掬っちゃおうか。
それが手っ取り早そう。

広告を非表示にする