十人十色

ロラン、お前って、本当にどこにでも入っちゃうんだね。


暑そうな顔して。


お昼はサーモンのフライ。


デザートは、コーヒーゼリー。
なんか、ドイツ菓子みたいになってしまった。


・・・日本語のことわざを英訳すると、なんで説明口調になってしまうんだろう、と中学生のころから思っていた。


たとえば、十人十色。So many men, so many minds.
これに毛が生えると、There is no accounting for tastes.


なぜ、「十人十色」と気軽に、口をついて言えるものが、なが〜くなってしまうの?


でも、今日、いい表現を知った。
To each his own.
いいじゃん、これ。
気軽に使えそう。

広告を非表示にする