ムースとババロア

ししとうがたくさんある。
てんぷらにしてみたが、なかなか減らない。
牛肉とごぼうと一緒に、甘辛く煮てみるか。

うん、おいしい。
この甘辛さで、ついついご飯がすすんでしまうんだよな。


デザートは、バニラのムース・ブランデー風味のジュレ添え

うん、なめらか。


・・・時折、思い出しては、「どうなんだろう」と首を傾げることがある。
それは、ムースとババロアの違い。


調べてはみたが、統一見解を出すのはそう単純ではなさそうだ。
「ババロアとムースの境界は、グレーになってきている」としている人が、そこそこいる。
つまり、ババロアと呼んでもいいような材料を使っておきながら、ムースと呼び、また、その逆もあるということ。


泡立てた生クリームは、ババロアにもムースにも使うよね。
他の材料どうか。
ババロアには牛乳、全卵、ゼラチン。
ムースには、卵白。


と、いうことは、今日作った「バニラのムース」は、実は「バニラのババロア」なのか?
謎だ。
うーん、本当のところはどうなの?

広告を非表示にする